どんな食材でも鉄板で焼けば鉄板焼き。


庶民的な料理ではお好み焼きやもんじゃ焼きも鉄板焼きの一種ですし、野外で行うバーベキューや屋台の焼きそばなども鉄板焼きと言えます。

一方、鉄板焼きは高級な料理としても進化しています。

高級ホテルなどにもある鉄板焼き専門レストランのメインは牛肉のステーキやシーフード。
こちらはちょっと気取って食べに行くご馳走といった感じです。

グルメからB級グルメまで幅広い料理を生み出す鉄板。

そんな鉄板焼きをおいしく感じる共通点がいくつかあります。

まずは鉄板焼きを調理する鉄板そのものにあります。

超高温になった鉄板での調理は表面を素早く焼き上げることにより
素材の風味や旨味を逃さずおいしさをぎゅっと閉じ込めることができるのです。

そして目の前で調理される鉄板焼きはショーを見ているようで楽しくもあり、
ジュージューと焼ける音や香ばしい香りは食欲をかき立てます。
しかも目の前で調理されたものが間を置かずにいただけるのでおいしく感じないわけありません。

特にシェフの調理してくれる高級な鉄板焼きは海外でも大変人気だそうです。

銀座の鉄板焼きは日本でも世界でも愛されているのです。

鉄板焼きがふたたびブームとなってきています。



現在日本のみならず世界中で日本の「鉄板焼き」スタイルの料理がブームとなっています。

「鉄板焼き」は海外では「代表的な日本料理」として寿司と並ぶ日本食レストランの形態として普及していると共に、
海外の外国人から「TEPPANYAKI」とそのまま日本語で認知されている日本料理のスタイルの一つです。

40年ほど前までは実は「鉄板焼き」はほとんど外国人には知られていない日本料理のスタイルでした。

しかし今から約40年前の1970年前後にアメリカに帰化して暮らしていた一人の日本人実業家が初めてアメリカで 日本の鉄板焼きのお店をチェーン店化してアメリカ人に提供し、そのチェーン店がアメリカ国内で人気となってそれが 後に世界に日本料理の一スタイルである「鉄板焼き」を広めるきっかけになったのです。

この日本人実業家は40年前のアメリカにおいてショー的要素を取り入れた 「鉄板焼き」の日本食レストランを世界で 初めてアメリカに開店させました。

それまで日本では「鉄板焼き」料理のシェフが必要以上のパフォーマンスをする事などは当然無く、 そのままの日本スタイルの「鉄板焼き」をアメリカに持ち込むよりも アメリカ人が好みそうなショー的要素やエンターテインメント要素を盛り込んだスタイルの 「鉄板焼き」の店を展開する方針をその日本人実業家は 選択しそれが見事にアメリカ人に受けて「鉄板焼き」が 「代表的な日本料理のレストランのスタイル」とまで認識されるまでに至ったのです。

中洲のキャバクラ求人はこちらをご覧ください。